September 16, 2006

vs 広島@埼スタ



本日の相手は広島。昼間のゲームでガンバ大阪が勝っているため、
ここで離されるわけには行かない。

肝心の我らが浦和は、少々苦しいゲームが続く。
ある意味「デルピエロ的」だったトゥーリオのゴールは、性質としては
ホッとするもので、そのくらい今日はゴールの予感が少なかった。
FWがシュートまで行くことはかなり稀だった気が…。

すぐに追いつかれた後は、非常に重苦しい展開で、セカンドボールも
なかなか拾えず、危ない場面を何度も作られている。

幸い、暢久のゴールで勝ち点3という結果は残した。
結果が出ていることが、問題から目を背けることにならなければ良いが。

++++

ゲーム後のひとコマ

・俺、梅酒のお湯割りを注文
・「ロックかサワーしかない」との答
・俺、仕方なくロックに
・納得の行かない仲間、苦情メール開始
・「焼酎のお湯割りあんなら、そのお湯で割れ!」

頼もしい限りでござる。
苦情メールでも懸賞に当たるんだろうか。

1 comment:

k said...

今更だけど、
「あ、おいらだ」