July 16, 2006

Google : スクリーンの裏



Google : Behind The Screen


オーストラリアのTV局が製作、約47分。

キャプションつけたら日本でも結構見る人がおるかもしれん。
…なんて思ったが、単に自分の偏った関心がそう思わせてるのかも。
まぁ、ドキュメントとか好きな人なら。

あんまり大っぴらにはなってない内部の様子も、それなりに紹介。
Vint Cerfとかまで出てきて、割とセンシティブなところにも話は
及んでるように感じ…。後半のプライバシーに関してのあたりとか。

終わりの方にあった記者からの、

「ナイーブ過ぎないか?今のグローバルな影響力を考えれば」

っていう問いかけは、結構大きな意味を持っているように感じた。

あの…、このBlogも含めて、オイラ相当Googleに情報預けてます…。

中身とは別に驚いたのは、この画質と音質のビデオが、ここまで
簡単にPCで観れるってこと。

前にこんなこと書いてたな、そういや。
ついこの間だが、まだYouTubeも陽の目は見とらんかった。

2 comments:

nahoco said...

私も興味深く視聴したよ。
個人的には、本を1ページずつスキャンしてる超アナログなシーンに思わず笑ってしまった。
創業者が出てこなかったことに関しては、???と疑問が残るところ。

私もかなりの個人情報をgoogleに預けているだけに、後半のプライバシーのくだりは、真剣になったよ。

でも、「これまで特権のある人しか担えなかった様々な情報を、一般の人々もより公平なかたちでアクセスできるようになった。」という意味では、グーグルを評価したいんだけどな。。

ところで、日本のあるテレビ局でも、近々、グーグルに関するスペシャルをするみたいだよ!

kiri said...

ん?nahokoが作ってるわけじゃなくて?
日本だとまた捉えられ方が違うのかもな。
Googleとグーグルの違いやいかに…。

いやー、俺もあの超アナログなスキャンは気に入ってんだよなー。デジタルの届かないところ、って感じやね。