October 27, 2005

London⑤ - Richard

ライトアップ

こちらのコンサル会社の社長との話。

ウェブもメールも発達した時代とはいえ、こうやって顔を
合わせておくことはやっぱ感覚的に大事だな、と感じる。

向こうからすれば、こちらはPotential Clientだから、
基本的に良くしてくれるんだが、こちらも普段手の届かない
ところを見てもらったり、事業者のアポ取りをお願いしたり、
って事も出てくるから、顔つなぎ、って意味で大事。

今回は、ホテルのバーで会って、普段の関心の分野の話から
始めたが、だんだん話は逸れていって、フットボールや競馬、
ウィスキー、タブロイド紙・・・。そうしているうちに、
お互いの人となりは、ある程度分かるようになっていく。

仕事のアウトプットの質はまた別の話だが、これはこれ。
じゃあまた、と別れる頃には、基本的には彼を信じて
頼みごとをする時の最初のハードルはなくなっていた。
向こうはどんな印象だっただろう。

これは、立場を代えてみれば、自分にもあてはまることで、
普段のクライアントがどうして信用してくれているのか、
改めて気づかされる。気をつけないけん。

+++

時間ができて、今日は買い物に出掛ける時間をとる。
Covent Gardenで下りて、そこからPicadelly方面へ。
別にセールの時期でもないし、購買意欲はまるで上がらず。

Fortnum & Masonに寄って職場へのおみやげを買い込み、
もう夜だから、最後のディナーにKnightsbridge方面へ。

今日のポルトガル料理も美味でござった。

2 comments:

坪井 said...

へー、クライアントになる経験って勉強になりそうだな。
誰かに金払って研究してもらうか。

kiri said...

当たり/外れ、ありますから。自分で頼んだら、人のせいにできんしね。