December 27, 2005

mixiの"外"と"内"



とあるブログでのポストより。

mixiという幻想の共和国、そこは内ではなく外

はて…。

mixiの登録ユーザ数は200万を超えているのね。
ひとり勝ちになりつつある、と見る向きもあるんだろうが、
某国じゃ、当初突っ走ったFriendsterが、今や身売りか、
っていう体たらく。一寸先は闇でござる。

個人的には「滞留」時間はあんまり長くない方だと思って
るんだが、よく見ればいろんなことが起こってるのね。

でも言われて見りゃ、「ちょっと待て」的なことが無防備に
出てきてることはあんのかもしれん。これだけ検索が進歩して
くれば、出るべきでない情報もあっという間に表に出るだろうし。

このあたりの「出す」「出さない」は、個人の感覚、つまりは
リテラシーによるんだろうが、日常のSNS密着度が高ければ、
それだけオープンな感覚にもなるんかな、と。

世代的なこと、日常的な接し方も絡むんだが、リテラシーの
コンフリクトは今後どんどん拡大してくと思うし、悪いことに
顕在化するとは限らない。そのどっちが「優勢」かというのも、
変わっていくにせよ、見えにくいものになるんだと思う。

上記のポストにもあるように、若干自戒の気持ち。
急におっかなビックリになったりして。

2 comments:

つぼい said...

一度2ちゃんねるのmixiスレッドを読んだことがあったけど、「自分をかわいいと思っている女スレ」とかあってなかなか怖かった。

kiri said...

それはそれで別の世界なんだろうなー。でも、mixiスレッドなんて立つくらいな状況なんだな。