April 25, 2006

Joan Miro



GoogleのトップページのGoogleロゴは、たまにその時々の
イベントに合わせて遊びが反映される。まぁ、目立つのは
クリスマスの時だが、最近じゃトリノ・オリンピックの時も
それをイメージしたロゴになっていた。

ところが、4月20日のJoan Miroの生誕を記念して、
そのタッチを反映したシュールなGoogleにしてみたところ、
遺族からクレームがついて、急慮通常バージョンに戻した、
なんてことも起こってたらしく。

茶目っ気が通じないこともあるんですな。

Google takes down Miro image

2 comments:

nahoco said...

へー、そんな事があったんだ。
素敵なロゴだなぁと思っていたのに・・
それにしても、何億?何十億??というユーザーに、ミロをアピールできる絶好のチャンスなのに、なんだかもったいないような気もする・・

kiri said...

そうなんだが、安っぽく思われたくないんかもしれんね。おれ、結構気に入って、思わず保存したぐらいだったから。